ロテュリミンAFとファンガソープEX

カンジダ性亀頭包皮炎にはカンジタ市販薬のロテュリミンAFとファンガソープEX
ロテュリミンAFカンジダ用
ロテュリミンAFはカンジタ菌に対する殺菌効果に特化したクロマトリゾール配合のカンジタ性亀頭包皮炎専用治療薬。強力な成分がじっくり皮膚に浸透し、皮膚に根付いたカンジタ菌にアタックします。抜群の効果は人気売上No.1で実証済み!後は、根気強く塗り続けられるかどうか?が最大のポイント。
カンジタ男性完治セット
カンジタ男性完治セットは、しつこいカンジタから確実に解放されるための2点セット。殺菌・症状の緩和・清潔維持にファンガソープEX、カンジタ菌の殺菌専門にロテュリミンAF。カンジタの専用薬であるロテュリミンAFと真菌に強いファンガソープEXを併せて使えば、カンジタ菌が暴れる隙がありません。
ファンガソープEX
ファンガソープEXはカンジタ菌や水虫菌などの真菌を殺菌できる薬用ソープ。お風呂に置いておくことで、しつこいカンジタ菌の殺菌や水虫になりやすい足の洗浄がこれ1本で済むから効率的。症状の軽減はもちろん、予防や継続治療にも便える万能アイテムになっており、持っていると安心感があります。

亀頭包皮炎の塗り薬は根気良く

亀頭包皮炎は、男性の間では結構ありふれた病気と聞きます。性交渉の時とかに、擦過傷みたいな感じでなるそうですね。まぁ一定年齢以上の男性なら、性交渉なんて珍しくないですから、その分その病気がメジャーでも別におかしくないですよね。ただ、それだけなら良いですけど、亀頭包皮炎って実はものすごく、再発することの多い病気でもあるみたいなんです。

もちろん、通常なら亀頭包皮炎になっても要はただの擦過傷ですから、普通の皮膚と同じく治ってしまうことが多いみたいです。ただ、少し症状が重い場合は病院で塗り薬を処方してもらうそうなのですが、それをちゃんと決められた期間塗り続けないで、症状がおさまったらもう治ったと勘違いして薬の塗布を止めてしまい、結局また再発してしまうというケースが多いとのこと。

確かに、数日薬を塗れば症状自体は収まるみたいですけど、それは薬で菌や炎症を抑えているだけで、まだ完治はしていないそうです。多少面倒ですが、薬を根気よく塗り続けるということが一番確実に亀頭包皮炎を治す方法ということですね。

カンジダ性亀頭包皮炎で塗り薬3か月!?

カビ菌の1つであるカンジダ菌が原因で起こるカンジダ症って、ありふれた病気である反面すぐ治るというイメージがあります。私自身、性器カンジダ症にかかった際は、塗り薬で2・3日くらいでほとんど治りましたし、同じカンジダ症を経験した人たちの書き込みを見る限りみんなそんな感じでした。

ただ、中にはそう簡単に治らないケースもあるそうです。よくある例として、性器カンジダ症の男性バージョンであるカンジダ性亀頭包皮炎が挙げられていました。なんでも、経過が長いケースだと、カンジダ菌が性器の皮膚に深く根を下ろしてしまっているため、3か月は塗り薬を塗布し続けなければいけないのだとか。

3か月も治療するなんて、へたな病気よりずっと重症じゃないですか。知った瞬間これは面倒だなと思いましたが、そこまで徹底しないと、少しでも免疫が落ちた時に再発するということを繰り返してしまうみたいです。カンジダ症には、女性が男性よりも圧倒的になりやすいと聞くので、男性うらやましいなと思っていたのですが、男性は男性で大変そうですね。